視力回復方法 どれ選ぶ?

視力回復方法には、いろいろなものがあります。視力回復方法の一番人気がメガネであることは言うまでもありません。コンタクトレンズもありますよね。それと効果はどうかわかりませんが、視力回復トレーニングってのもあります。

視力回復方法 どれ選ぶ?

視力回復方法には、いろいろなものがあります。視力回復方法の一番人気がメガネであることは言うまでもありません。コンタクトレンズもありますよね。
それと効果はどうかわかりませんが、視力回復トレーニングってのもあります。
それが今では、第2の視力回復方法としてレーシックというものが数年前から出てきました。
レーシックとはメスを使わない手術で、レーザーを角膜に照射することで光の屈折率を調整し、近視・遠視・乱視を治療することができます。
痛みもほとんどなく、手術後すぐに裸眼で生活することが出来ます。
実は私も3年以上前に、レーシックを受けました。
今でも視力は1.5あります。
コンタクトレンズによる充血もなく、朝起きたときからクリアな視界が見られます。

レーシックを受けられる眼科は、
東京・名古屋・大阪・福岡・札幌など大都市に存在します。
私が受けた眼科が、品川近視クリニック0で、
レーシックを受けた日本人の60%がここで受けています。

視力回復方法 どれ選ぶ? の続きを読む

神戸神奈川アイクリニック 予約 こちら

神戸神奈川アイクリニックでレーシックを受けたい方は、
今すぐにネット予約しましょう。
人気眼科ですので予約はお早めに!

神戸神奈川アイクリニックの予約はこちら
レーシックで快適裸眼生活

レーシック 仕組みの詳しい説明

レーシックについて詳しく知ってから手術を受けましょう。
なぜ手術で視力が回復するのか手術の仕組みについて説明します。
実際、私がレーシックを受けた頃は、
仕組みについてあまり調べないで手術を受けました。
それって、とても危険なことですよね?
レーシック 仕組み左の図は眼の表面を表しています。
角膜の外側には上皮層というものがあり、角膜上皮は再生するため、角膜に直接エキシマレーザーを照射しても効果がありません。
そこで角膜上皮に影響を与えずに角膜実質層を含んだ薄い膜を作って、その下にエキシマレーザーを照射します。
この薄い膜をフラップといい、術式をレーシックと呼びます。レーシックはフラップが安定するとずっとその形状を保つことができるので、現在、角膜屈折矯正治療の主流となっています。
(参考:錦糸眼科0

レーシック 仕組みの詳しい説明 の続きを読む

▼ 最新のレーシック治療 東京・名古屋・大阪・福岡・札幌で♪ 視力回復

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

当サイトランキングNo.1 クリニック0

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved レーシック in 名古屋 おすすめ の 近視矯正 手術 LASIK