適応検査結果の有効期間 - 眼科でする主な検査

眼科で行う主な検査を紹介

適応検査結果の有効期間

レーシックの適応検査は、レーシックを受ける前に必ず受けなければなりません。
品川近視クリニックの場合、
適応検査→レーシック手術→翌日検査を3日で出来ます。
このように3日のスケジュールが組めれば、最短で可能です。

しかし、適応検査を1日受けて、その後にレーシック手術と翌日検査を
自分が空いている土日などに予定することもできます。
こういった場合、適応検査からレーシック手術まで何日間空けていいのか気になります。
空けすぎて、適応検査で得たデータが変わってきては検査の意味がありません。

適応検査結果の有効期間の続きを読む

屈折検査

近視、遠視及び乱視の度数を測定する検査。
覗き込むと気球や飛行機が見えるものがほとんどで、
中心を見てもらうのと、目の緊張を取るために気球や飛行機があります。

角膜形状解析検査

角膜形状解析検査とは、角膜の形状を調べる検査のことを言います。
赤いぐるぐるのランプの中に顔を入れて検査します。
主に、円錐角膜など強度の角膜乱視がある場合、どの方向にどれくらい乱視があるか
検出する。白内障手術前の検査でも行います。

▼ 最新のレーシック治療 東京・名古屋・大阪・福岡・札幌で♪ 視力回復

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

当サイトランキングNo.1 クリニック0

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved レーシック in 名古屋 おすすめ の 近視矯正 手術 LASIK